会社概要

フィリピン海外雇用庁認定のTCNivero社はその日本業務を独立させ、今まで以上に質の高いサービスを提供するために、2017年12月に弊社を設立いたしました。弊社は2018年5月にフィリピン政府認定送出し機関として承認され、TCNivero社から業務を引き継ぎ、技能実習生の送出し業務を行っております。
 弊社の前身であるTCNivero社は1989年に設立され、長年に渡りフィリピン人労働者の派遣業務に従事してまいりました。2005年には買収・合併により業務の拡充をし、今日に至っております。
 日本の労働市場における外国人労働者の需要増加が予想されることを念頭に、従来の技術研修・訓練に加え、日本語教育、日本文化の研修を充実させ、フィリピン人労働者が即戦力となるよう、サービスの向上を心がけております。私どもは、送出し機関としての責務と役割を十分に認識しており、管理団体及び実習実施機関と協力し、フィリピン人実習生の送出しをいたします。

業務指針
 弊社はグローバルな観点から、国内外の労働市場を分析し、適切な派遣業務を行うことを心がけております。また、経営コンサルタント会社との業務提携により、業務内容の改善、拡充をいたしております。
更に、私どもは以下の原則に従い、安心してご利用いただけるサービスの提供を心がけております。

法令・規則遵守の原則
 弊社は、フィリピン国内だけではなく、派遣先国の該当する法令・規則を遵守し、合法的な派遣業務を行っております。特に、外国人技能実習制度においては、斡旋手数料、研修費用、保証金等を実習生から徴収するなど、技能実習制度のガイドラインで禁止されている行為は一切いたしておりません。また、実習生から費用を徴収するブローカー等を排除し、弊社が直接募集を実施しております。
 更に、出生、学歴、職歴などを証明するために弊社に提出される書類はすべて調査しておりますので、偽造書類による申請を行うことはありません。

公正の原則
 弊社は、受け入れ先の企業・団体、フィリピン人労働者、そして弊社の三者のそれぞれが他者の利益を図るよう、公正かつ倫理的な派遣業務を行うよう心がけております。特に、労働者が企業・団体の利益を損なう行為・行動(不正行為、失踪など)を防ぐため、派遣前の研修を通じて、労働者がこの原則を十分に理解するよう努めております。

透明の原則
 弊社は、派遣業務の流れ、経費・費用など、派遣業務の重要な事項に関しては書面で明確に提示します。必要に応じて正式な文書(覚書、基本合意書、契約書など)を作成し、当事者間での誤解が生じないように業務を行っております

名称 Alpha Manpowerlink Agency Co.
アルファ・マンパワーリンク・エージェンシー
設立 2017年12月
認可 フィリピン労働雇用省海外雇用庁 (POEA) POEA-001-LB-010918-PL
資本金 400万ペソ
事業目的 フィリピン人労働者の海外への派遣
派遣先国・地域 日本
 従業員数 8名
 関連企業 TCNivero International Manpower Corp.
Avalone International Agency Inc.
Avalon Training and Development Foundation Inc.
Euro-Asia Consultancy Inc.
 所在地 Unit D, 582 EDSA, Pasay City, MM Philippines
代表理事 エリザベス・アルビナ
日本業務責任者 菊地俊行

*  * * * *